賃貸契約で変更可能な内容

賃貸契約での変更事項

Google

床暖房のある物件の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸契約で変更可能な内容

新着情報

賃貸契約の連帯保証人の変更方法

連帯保証人の設定は賃貸借契約を結ぶ際に必ず必要となる要件の一つですが、それを将来変更したいといったシーンもあります。もし仮にそれを行うためには、賃貸人の承諾が必要となります。ただ新しく変更したい連帯保証人が会社に勤務あいていない等の適格性を有していないとそれになることは出来ないのは言うまでもありません。また過去に賃料を滞納した実績があると貸主側においては厳しい審査となる場合も多く、なかなか承諾を得ることが出来なかったりします。しかし、勤務先が確保されていて収入が見込めるといった適格性を有していれば、余程の事情が無い限り拒否されることはないです。

連帯保証人は変更できるか

賃貸における連帯保証人の変更は可能なのでしょうか。これは大家さん及び不動産屋の判断によるもので、各々で異なりますが、可能なところがほとんどでしょう。しかしながら、変更に当たっては大家さん、不動産屋から身の上のかなり突っ込んだところまで諸事情を訊かれるでしょう。賃貸における連帯保証人を立てる最も大きい理由は、言うまでもなく借主の家賃及び設備損失費の代行です。従って、新しい保証人に少なくとも旧保証人と同等の経済力、経済的信用性がなければ履行は難航すると思われます。契約書の取り交わしにあたっては、新しい保証人の印鑑証明、実印が必要となります。

© Copyright 快適な温度の賃貸物件. All rights reserved.